FC2ブログ
>
白河天体観測所が閉所していた
2017-02-12 Sun 13:51
白河天体観測所 天文犬チロ が所長を務めていた観測所が閉所した
との記事をいまさら見つけました。
吾妻山浄土平にて「星空への招待」を開催するなどさまざまな活動をされ
ていたところだったのに。
震災や原発事故の影響もあるようですが、関係者のみなさんの高齢化も
あるようです。

懐かしさにごそごそしてみると最終回となった【第10回星空への招待(1984年)】
の参加証やらステッカーが出てきました。
DSC_0033.jpgDSC_0034.jpg
そして。当時の星の手帳の特集記事も
DSC_0040.jpg

DSC_0039.jpg
この集合写真、当時高校1年の自分も写ってますが。。。。
全体的に時代を感じる雰囲気です。

この時司会をされていた福島の大野さんなどは少々親交が有りましたが、当時の
彼の年齢をはるかに超えた自分に戸惑いを隠せません。

このとき高校1年生。色々な将来を考えていました。
科学博物館の村山先生や、当時の仙台天文台長のなど本業の方々ともお話をすること
ができ、いわゆる天文学者は望遠鏡で星を見ることは少なく、ほぼ毎日データを見て
いるとおっしゃっていたのを今でも鮮烈に覚えています。

星空への招待はこの年終了してしまいましたが、翌年1985年~1986年はハレー彗星イヤー
だったため、84cm望遠鏡(写真中央)を牽引して全国行脚をしていました。
そして、翌年再びここ浄土平(正確には浄土平の少々上の兎平駐車場)へ戻って来ました。
DSC_0036.jpg

ベースの絵は第10回と同じですがアレンジされています。
この日、初秋の1500m級の山に高校の修学旅行から学生服のまま直行して、
少々人目を引いていました。
昭和終盤のあの日からすでに30年以上たっているのだなぁとしみじみ思い出して
います。

別窓 | 宇 宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<国道6号線北上 | 今日と明日の交じる場所 | 北大東島>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 今日と明日の交じる場所 |