FC2ブログ
>
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
常識にとらわれないヒラメキ
2011-04-17 Sun 12:12
久しぶりに博物館へ行ってきました。
娘が学校の授業で縄文時代→弥生時代を習ってきたようで、違いを聞いてみた。特に食べ物について。
縄文時代は動物や魚、木の実などをを捕って食べていた。
弥生時代は米を作るようになった。
と言っていた。
えっ?と聞くと、
「先生がややこしいのだけど、縄文時代から米が作られ始めていたようだ。」と言っていたとの事。

自分が習ったころは稲作は弥生時代になってから大陸から入ってきた。
と習いましたが、今では縄文時代末期には稲作が行われていたことがわかっています。
さらには、大陸から入ってきたのではなく、大陸に出て行ったとする説すらあり今後の動向が気になるところです。

少年時代を振り返ると意外と当時の常識を信じ込んでいて、疑問に思わない子でした。
2度ほど大発見を逃しています。

■1度目
当時惑星だった冥王星の写真が図鑑に載っていました。
14等星の冥王星は望遠鏡を使ってもほとんど恒星と同じ点にしか見えないため、撮影日を変えた写真で、星の海の中移動しているので、冥王星だとわかるレベルのものでした。
その拡大された写真を良く見ると、冥王星と矢印をつけられた星は円ではなくダルマ型に見えます。2枚の写真を見比べるとだるまの頭の部分が変わっています・・・・
後ろの星(恒星)がいい感じに重なってるんだなぁ。と納得していました。
その年冥王星の衛星カロンが発見されました。
発見者のJ・クリスティーは拡大写真のふくらみが変わること、軌道計算し、食が観測されたことにより確定しています。

■2度目
近所の縄文時代の住居跡地(宅地造成されていました)に土器を掘りに行ったとき(今思うとそういうことしちゃだめなんじゃないか?)結構な数の縄文土器のかけらを掘り出しました。
そんなかけらの中に土器の底と思われるかけらが含まれていましたが、もみ殻の化石のような、米の化石のようなものが含まれていました。
が、当時縄文時代に米は無い(と習っている)ので、何だろう?何でだろう?と思っていました。
学校の先生レベルではなく、大学の先生レベルの人に伝えていたら何かが変わっていたかも知れません。

その時代で常識とされていることも、おや?何だろう?そう思ったら突き詰めてみることが新しい発見につながるのだと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ミツバチ
2010-04-25 Sun 20:37
以前使用していたデジカメが、シャチ汁の影響か、シャッターを切ることしか出来なくなっていたため新しいデジカメを購入しました。
今度のカメラは、防水(←大事)、10枚/1秒の連写可能が、自慢???でしたが、接写能力も高いことが判明
タンポポで花粉まみれになるミツバチを激写してみました。

残念なことに、ピントが【眼】では無く【右手(?)】に・・・・
使い方次第では非常に面白い写真が取れるかも・・・

また、スイングパノラマという機能。意外と便利です。

ミツバチ


↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水源点
2008-07-28 Mon 01:04
川の始まりがどうなっているのか知りたい。そう思い続けてはや30年。
始まりは湖だったり、湧き水だったり・・・(静岡でみた川は神社の境内から沸いていました)
本格的な(謎)水源点は未だ見たことがありません。
が、数年前に車で峠を越えた時、道路横に流れていた川の流れが逆になったことを経験したことがあります。
通り過ぎてから考えました。???川の始まりがあったのか???
坂を登っているときは前から後ろへ流れていた川が、下り坂に変わったとき(峠を越えた時)後ろから前への流れに変わっていました。。。。
今年の夏はそれを確認しに行こうか否か悩んでいます。



↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
第3回環境社会検定試験(eco検定)結果発表
2008-02-01 Fri 16:05
結果発表の日です。。。。
懸賞の当選者は景品の発送を持って・・・
と同じで、合格証の発送を持って発表にかえるシステムらしいです・・・^^;;

公式の模範解答及び配点による自己採点結果は91点/100点
まぁ9割超えなので良いのですが、合格率は過去最高の83.7%です。
受験者数13,691人、合格者11,461人でした。
3回の試験で27,545人のeco peopleが誕生したことになります。

皆さんも次回挑戦してみてはいかがでしょうか?勉強することにより、地球環境を考えることが目的なので、合否を気にすることなくいけるのでは・・・(合格するに越したことはありませんが)

合格証が届きましたのでUPします。


プラ製のカードサイズです。
何に使うのか、裏には磁気が・・・・
eco peopleとして環境に配慮して行こうと思います。



↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
台風9号その後・・・
2007-09-07 Fri 10:08
2007年9月7日7:30の台風9号衛星写真です。
全く同じ時間の写真ですが、上から【可視光】【赤外】【水蒸気】の3種類の写真です。それぞれに特徴があるのですが、忘れました(笑)
天気予報はこの3種の写真から総合判断するようです。

200709070730-00.jpg

200709070730-01.jpg

200709070730-02.jpg

今朝、何とか出勤できましたが、事務所は開店休業状態(^^;;;天災に弱い首都機能をさらけ出してしまっています。もう、21世紀なのですから何とかならないものでしょうか。



↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
台風9号(フィートウ)
2007-09-06 Thu 10:47
200709060700-00.jpg

今朝の台風9号です。可視光、早朝の斜めから日が当たった状態が、雲の凹凸を綺麗に表現してくれています。
さて、この台風。ゴジラコースにて関東地方直撃しそうな勢いです。
関東地方の皆さん、今後の台風情報に注意してください。



↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
台風5号【ウサギ】発生!!
2007-08-01 Wed 00:00
前に台風4号マンニーの時に予告しましたが、ついに5号【ウサギ】が発生してしまいました。。。
あの愛くるしい小動物のイメージが強いため、台風の名前になるといかがなものかと思いますが。。。
日本がつけている台風の名前は星座からとっているため、ウサギは、ウサギ座のウサギです。
次にウサギ座ですが・・・(^^;知ってる人ってどれだけ居るのでしょう??
オリオン座の足元(南側)。おおいぬ座の右側(西側)にあるんですが・・・場所はこちらを参照願います。
『星空入門 うさぎ座』

他にも、トカゲ、コンパス、コップなど、普通の人は聞いたことも無いような星座名が使われています。(てんびん、わしなどメジャーな星座もありますが。。。)
再度気象庁のページにて再確認してみてください。気象庁|台風の番号と名前



8月1日AM8:00のウサギの写真です。



↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【梅雨】について
2007-07-18 Wed 09:31
前回は台風について語ってしまいましたので、本日は【梅雨】についてちょっと説明。

まず雨の降る仕組みから。
湿った暖かい空気が冷たい空気とぶつかることによって、雲ができ、雲に含まれる水の粒が大きくなると雨になります。(空気は温度によって空気中に含む水分の量が異なります。基本的には暖かいほうが冷たいよりも多くの水分を持つことが出来ます。これを飽和水蒸気量といいます。暖かい空気とつめたい空気が交じる場所に雲が出来るのは、冬に窓が結露するのと同じ原理です。)

この、暖かい空気とつめたい空気のぶつかる場所が、前線になります。
冬は冷たい空気に勢力があり、夏は暖かい空気に勢力があります。
この勢力のバランスが取れた期間。丁度6、7月ごろ9,10月ごろになりますが、前線が北にも南にも押されること無く丁度日本列島の付近で停滞してしまいます。これが停滞前線です。イメージ図を下に示します。ここで、ぶつかりあうのがシベリア気団と小笠原気団(太平洋気団)です。
20070718.jpg

上の写真では北の勢力が強く、前線が南に押されているような状態です。
前線の付近では雨が降りやすいことを踏まえると、この前線が居座ることによりいわゆる『梅雨』が発生します。
これが夏は次第に北に押しやられていって梅雨明け=夏となります。

夏が過ぎ、北の勢力が強くなり始めると、また、前線が日本付近にやってきて、秋の長雨の季節となります。そして、前線が南に押しやられることによって、冬がやってきます。

簡単ですが、【梅雨】の説明でした。



↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
カントウタンポポ
2007-04-07 Sat 23:55
家の外壁とアスファルトの隙間から生えていたタンポポです。なんの変哲もないタンポポですが、実は一般にいうタンポポ(セイヨウタンポポ)ではなく在来種(カントウタンポポ)です。
DSCF0165.jpg
この角度から見るとわかりやすいと思います。
セイヨウタンポポはガクが広がっていますが、在来種はこのように閉じています。
DSCF01661.jpg
在来種は自己受粉が出来ないため、群生していないと花を増やすことは出来ませんが、セイヨウタンポポは自己受粉が出来ます。
カントウタンポポは春しか咲きませんが、セイヨウタンポポは夏でも咲いています。
うちの近所にはまだまだカントウタンポポがあちこちで群生しています。
ちなみにタンポポの見分け方はこちらを参照ください。


↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
三宅島の溶岩
2007-02-24 Sat 00:00
くどいようですが、先日三宅島に行ってきました。
そこで採取(拾った?)溶岩です。非常に軽く、また酸化しているのか、赤茶けています。
一応ケースに入れて保管しているのですが・・・・
20070223022519
以前に鴨川シーワールドの海の生き物イラストコンクールで入賞した絵(水彩画)と、それをもとに紙粘土で作ったオスカーが入ったケースですが・・・・20070223022518
結局シャチ話に持って行ってしまいます。。。
mikake1.jpg
これはGoogle Earth(TM)からの拝借ですが、三宅島の写真です。草木の生えていないエリアが赤茶に見えるかと思いますが、こんな石が多数転がっているからです。
写真の4時の方向に港や空港があり、かつて栄えていたエリアですが、ガスの高濃度地区のため、立ち入り制限されています。


↑よかったら押してやってください。

別窓 | 自 然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 今日と明日の交じる場所 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。